ミニバンのタイヤ

スポンサードリンク

ミニバンのタイヤ、背が高くて重量がある車なので、性能が気になりますよね。ミニバンや今や、乗用車の総販売台数の30%を占めるまでになっており、スポーツミニバンやコンパクトミニバン、プレミアムミニバンなど、ミニバンは多種多様に細分化され、様々なミニバン専用のタイヤも出回っています。ミニバン専用のものは、左右非対称パターンを採用して外側トレッドを強化し、コーナリングでのアウトサイドへの負担を配慮したり、「ヒールアンドトゥー摩耗」を抑制する構造でノイズの原因対策をしたり、トレッドの部分ごとに異なるコンパウンドを採用するなど、さまざまな工夫が盛り込まれていて、ミニバンの特徴に合わせて、専用に設計されています。

BRIDGESTONE(ブリジストン)

BRIDGESTONE(ブリジストン)は、日本国内では他社を寄せ付けない大きなシェアを押さえ、さらに世界でもビッグ3に数えられるメーカーです。BRIDGESTONE(ブリジストン)は、世界中の多種多様な有名自動車メーカーの純正として選ばれており、F1のでも多数のチームにも供給していて、技術力は世界トップレベルです。スポーツブランドの「POTENZA(ポテンザ)」、高級車向けの「REGNO(レグノ)」、量販ブランドの「Bシリーズ」がBRIDGESTONE(ブリジストン)基本ラインナップで、ミニバン用としては、「Playz RV PRV-1」「REGNO GRV」等があります。

YOKOHAMA(ヨコハマ)

日本国内の多くのカーメーカーに純正として採用されている実績を持っているYOKOHAMA(ヨコハマ)。「ヨコハマ」というよりも、スポーツブランドの「ADVAN(アドバン)」が知れ渡っています。さらに最近は「ADVAN」だけでなく、高級車用・静粛・省燃費の「DNA」のブランドが認知度を高めてきています。「DNA dB EURO」はこれまで欧州には無かった静かなタイヤという新しい発想で欧州でも人気が出て、売り上げを伸ばしています。ミニバン用は「DNA GRAND map」「DNA map ES340」「DNA map-i」など。

TOYO TIRES(トーヨータイヤ)

TOYO TIRES(トーヨータイヤ)は、国産車の純正装着に高い実績を持っている企業。スポーツブランドの「TRAMPIO(トランピオ)」が有名です。ここ数年で普及してきた「専用タイヤ発想」は、TOYO TIRES(トーヨータイヤ)のアイデアです。ミニバン専用は、「TRANPATH MP4」「TRANPATH Lu」「TRANPATH Ne」など。

DUNLOP(ダンロップ)

英国人のJ・B・ダンロップが1888年に空気入りタイヤを発明したのがDUNLOP(ダンロップ)の始まり。高性能スポーツのフラッグシップ「SP SPORT」や、「Formula(フォーミュラ)」「LeMans(ル・マン)」などのスポーツ系のものが有名です。また、最先端のスーパーコンピュータを使用して徹底的にシュミレーションする「デジタル・ローリング・シミュレーション」技術によって開発された「デジタイヤ」が大成功を収めています。ミニバン用は「LE MANS RV RV502」など。

FALKEN(ファルケン)

ヒット作の「FALKEN(ファルケン)」をブランド名にしていて、会社の名前は「オーツタイヤ」です。スポーツ系の「AZENIS(アゼニス)」、スポーティ&コンフォート系の「ZIEX(ジークス)」、コンフォート系の「SINCERA」、プレミアム・コンフォート系の「DIGNEO(ディグネオ)」をラインナップ。ミニバン用には「SINCERA WG713」など。

GOODYEAR(グッドイヤー)

日本のブリヂストン、フランスのミシュランと並ぶ、世界で最大のタイヤ会社3社の1つ。モータースポーツに「EAGLE(イーグル)」ブランドで製品供給を行っており、1964年からF1に参戦しF1のタイヤといえばグッドイヤー一色だった時代も。1998年に撤退するまでF1で通算368勝をあげており、これはタイヤメーカーとしてF1で最多勝記録。ミニバンには「EAGLE RV-S」

スポンサードリンク