妊娠によいサプリメント

スポンサードリンク

妊娠後、胎児の重要な器官は12週くらいまでの短期間で急速に成長していくので、妊娠後の赤ちゃんの成長を万全な状態で迎えるためには、妊娠する前からの十分な栄養素の補給が必要です。妊娠前からサプリメントなどで上手に補いましょう。

赤ちゃんにの成長に必要な栄養

まずは「葉酸(ようさん)」。ビタミンB群の仲間で、葉酸が不足すると、胎児の神経管がうまく作られません。赤ちゃんの神経が作られるのは、妊娠後4週から12週にかけて。この時期は、まだ妊娠したことに気づかないこともある期間なので、妊娠を望む女性は、日ごろからサプリメントなどで葉酸を摂る習慣をつけておきたいですね。ちなみに成人に必要な葉酸の量は一日に200μg、妊娠中の女性では倍の400μgが必要です。葉酸は水溶性なので、サプリメントなどで摂りすぎても余分は尿から排出されるので摂りすぎる心配はありません。一度に摂るよりも一日数回に分けて摂るほうが効果的なので、葉酸のサプリメントで上手に補給していきましょう。
続いて「鉄分」。妊娠すると、酸素を胎児に届けるためのヘモグロビンが通常よりもたくさん必要になります。この、酸素を運ぶ役目を果たすヘモグロビンを前もって増やしておくため、妊娠前から鉄分のサプリメントなどによる補給をしておきましょう。
「ビタミンB3(ニコチン酸アミド)」も欠かせません。ニコチン酸アミドは、「ニコチン酸」とか「ビタミンB3」とも呼ばれることがあるビタミンで、総称してナイアシンとも呼ばれています。エストロゲン、プロゲステロン、テストテロンといった性ホルモンをつくるのに必要な体に不可欠な水溶性のビタミンです。「ビタミンH(ビオチン)」ビオチンはビタミンHとも呼ばれる水溶性ビタミンの一種で、胎児の奇形を防ぎます。腸内細菌によって体内で作り出されるもので、体内環境によっては欠乏症が起こります。水溶性なので、多く摂りすぎた時には尿から排出されてしまうので摂りすぎの心配はないので、サプリメント等で妊娠前から毎日摂りたいビタミンです。
ほかに、特に女性が摂取したい栄養素には、生殖機能を維持するビタミンAがあります。ただしビタミンAを1日1万単位以上連日摂取してしまうと奇形発生が増加すると考えられる報告があります。厚生労働省では妊婦のビタミンA摂取量は、上限許容量5000IUとしています。サプリメントだけではなく、食事からも摂取しているビタミンなので、摂取量に注意しましょう。
また、卵巣の機能維持や胎児の成長にかかわるビタミンE、カルシウムなども、妊娠前からサプリメントなどで補給しておきたい栄養素です。
また、臨床的に確認されてはいませんが、ハーブも妊娠の栄養補給に効用があるといわれています。マカはホルモンバランスを整えるので、男女双方に効果があるといわれ、ペルーの伝承医学では不妊治療に用いられています。また、チェストベリーやアンジェリカも女性のホルモンバランスを整え、特に受胎準備をする黄体ホルモンの分泌を促すとされています。
またラズベリーリーフは子宮や骨盤の状態を整えるとされています。サプリメントだけではなく、ハーブなども妊娠前から取り入れられるといいですね。

スポンサードリンク