洋服のリメイク

スポンサードリンク

洋服をリメイクすると、サイズが合わなくなってしまったり、もう古くなってしまった型の服など、着なくなった洋服をよみがえらせることができます!また、新品の服を選んでいるとき、「もうちょっとこうだったらなぁ。。」ということ、ありませんか?そんな時にも、自分の好みに洋服をリメイクできたらいいですよね!リメイクできる洋服は、Tシャツ、ジーンズ、シャツ、トレーナー、または和服や着物など、なんでもOKです!また、リメイクして作れるものは、洋服やバッグ、ファッション小物、ペット用の服など、アイデア次第です!

リメイクの準備

洋服をリメイクするのに必要なものは、まずは材料。ボタンやアップリケ、スパンコールやレース、リボンなどで装飾をつけたいなら、そういう材料が必要になります。100円ショップなどを見てみると、リメイクに使えそうな小物があったり、また「楽天」などの通信販売ショップで検索すると、たくさんの商品がみつけられます。それからミシン。もちろん手縫いでもできますが、ミシンがあると簡単です。ミシンに慣れてないと、初めはなかなかまっすぐ上手に縫えなかったりするので、最初は練習に小物などの簡単そうなものを縫ってみて、ミシンに慣れてから、自分が作りたいデザインに挑戦するといいと思います。あと、子供が着ていた服など、思い入れのある服をリメイクするときには、ハサミを入れる前に、記念の写真を残してからのほうがいいかもしれませんね。

洋服のリメイク方法

洋服を作るときに欠かせないのが型紙です。作りたいものや、子供やペットのリサイズに合わせて型紙を作り、それに合わせて服を縫っていけば間違いなく作れますが、自分で型紙を起こして作るというレベルまでいくのには、結構大変なことでしょう。そこでおススメなのが、既成の型紙を使うことです。サイズも豊富にありますし、切り取るだけですぐに使えるのが便利です。既成の型紙は、作り方がのっている本や、ネットの型紙を紹介しているサイトから入手できます。ネットで検索するときは、作りたいものを「子供服 型紙」などと検索すると見つけることができます。

上達方法

リメイクで一番肝心なことは、自分のひらめきや感性だと思います。作り方を見て作るのもいいですが、慣れてきたら、お気に入りの洋服や古着、作ってみたいバッグや小物などを眺めながら色々と想像してみてはいかがでしょうか。 リメイクには決まりはないですし、自分らしさが生かせるのが楽しみのひとつ。最初はうまくいかないかもしれませんが、作っているうちに、腕もあがるし、自分の個性が生まれてくると思います。

スポンサードリンク