サンクスカードのコツ

スポンサードリンク

サンクスカードっていいなぁと思ったのは、以前もらった名刺なんです。名刺交換の時に私の名刺を渡したら、自分の名刺に手書きで、私の名前と日付を書いて渡してもらったことがあって。その名刺には、出会えたことの感謝の気持ちが添えられていて、気持ちが伝わってきたし、その出会いがとても印象に残って、サンクスカードの名刺っていいなぁと思い、自分なりの方法を調べてみました。

サンクスカードの名刺

サンクスカードとして使える名刺の作り方は、文字を書き込むスペースを考えながら作るとうまくいきます。書き込む文字が、名前なのか、日付なのか、メッセージなのかによって、余白の大きさを調節して作ればOK!自分の写真を入れ込んだり、自己紹介なんかも添えれば、かなり印象に残る名刺が作れるんじゃないかと思います。

サンクスカードの文例

サンクスカードの文面の文例集は、ネットで検索するといろいろありますね。ウェディングや結婚式の二次会、お祝いや内祝いなど、使う状況に合わせて文例を選べばいいと思いますが、そのまま使うのはなんか味気ない気が。。文例を参考にしながら、ぜひとも自分の言葉をそえて、自分の気持ちを添えたいですね。いずれにしても伝えたいのは感謝の気持ち、自分の素直な感謝の気持ちの言葉を添えるといいんじゃないかと思います。

サンクスカードを手作り

サンクスカード、文房具屋さんなどに注文して作ることもできますが、記念の場合などには、手作りすると、思いがこもるような気がします。素材は、文房具屋等で入手することができます。色や柄、形など、いろいろなものがあるので、用途に合わせて選べます。華やかな場で使うのなら、赤系統の色合いのもので、イラストなども華やかなものがいいかもしれませんね。ちょっと変わった形のものを使うのもおもしろいかもしれません。落ち着いた場で使うのなら、白や、青や緑系統の色合いのもので、この場合は、イラストや形も落ち着いたものがいいかもしれません。パソコンが使えるなら、自分のオリジナルのカードも作れます。テンプレートやイラストは、インターネットを検索すると、フリーで無料で使えるものがみつけられるので、そういうものを使って作ってみると楽しそうですね♪

サンクスカードの一番のポイント

サンクスカードを手渡すのなら、渡すだけではなく、ぜひとも気持ちを添えたいです。それでこそサンクスカードの本領が発揮されますから!郵送するとなると、そうはいきませんが、ポストに投函する前に思いをギュっと乗せたいですね♪

スポンサードリンク