ラップタオルの作り方

スポンサードリンク

ラップタオル、市販のバスタオルで簡単に手作りできますよ!作り方をご紹介します。男性用や女性用、大人用や子供用でサイズが変わってきます。ラップタオルを止めるばしょをウェストにするか、胸にするか、首にするかでも違います。まずは利用者のサイズを測ってくださいね。

ラップタオルの材料

・バスタオル1枚(サイズは利用者に合わせて)
・幅6〜7cmくらいの布をバスタオルの長い辺の長さと同じくらい(バイアステープならほつれず便利です。なければ指定の幅より広めの布を用意して、布の端をアイロンで折るか、ロックミシン等でかがってほつれ止めをしてください。用意できなければ、バスタオルの端を折り返して縫っても作れます)
・ゴム(幅2cm以上のものが、使っているときに痛くないのでおススメ。これも長さは利用者に合わせて)
・スナップボタン数個
・飾りボタンやアップリケ(なくてもOK!)

ラップタオル作成手順

@まずはゴムを通すところを作ります。バイアステープならそのまま使えるし、布を使うなら、ほつれ止めの処理をしてください。その長い辺の上下を、バスタオルの長い辺の端に縫い付けていきます。後でゴムを通すので、両端は縫い付けないでください。
Aゴムを通します。端っこをタオルにしっかり縫い付けてしまってください。そうすれば、通している途中でゴムの端が行方不明になってしまうのを防げます。ゴムを通し終わったら、利用者のサイズに合わせてゴムをカットし、その端もタオルに縫い付けます。
Bラップタオルの形になるように、バスタオルの短い辺の部分にスナップボタンを数個、縫い付けます。スナップボタンを縫い付けた糸がタオルの表に見えてしまうので、そこにアップリケやくるみボタンをつけて隠すと完成です!

ラップタオルの通信販売

夏やプールの時期までに作るのが間に合いそうにない人、うまく作れる自信がない人、ご心配なく!人気のナイキやアディタス、プーマや、ディズニーやポケモン、アンパンマン、サンリオなどのキャラクターのものが、通販で入手できるようです。大人向けには無地のものや、オーガニックコットンで作ってあるものやハンドメイドのものもあるようです。楽天(http://www.rakuten.co.jp)などで検索してみると、好みのラップタオルが見つかるかも!

スポンサードリンク